Welcome to my blog

わたゆきがなんとなく書くブログ

Article page

クリート位置の考察と実践

Category - 日々の戯言
Pioneer0927.jpg
先日の双海シーサイドパークから自宅TTのデータも含めて、右足の効率の低さ(これは効率の定義がわかりづらいのでなんともだけど)と、ベクトルで見る踏み始めが左に初めて遅く、踏み切った後も下に力を加えてて力が無駄になってるのをどうするか・・・

とりあえずクリート位置を右だけ下げて、ペダルへの踏み込みが早くなる方向に調整してみた・・・
で、3本ローラーで実験。

Pioneer0928.jpg


なんかいい感じかも???

そして翌日、夜に自宅周辺を実走してみた・・・

違和感しかねぇ・・・、大腿四頭筋は酷使されるし、大殿筋やハムストリングは全然使った感じがしない・・・
登りも登ってみたけど凄い違和感と膝の真上ばかり筋肉が疲れる。

そして夜にCATEYEのVolt300干渉なのかパイオニアのサイコンがエラーで止まったりして坂のデータ飛んでる。

とりあえず取ったデータを見てみると・・・
Pioneer0929.jpg

左右差はなくなったけど、右側の状態に左側がレベルダウンした感じ???
しかも左右のクリート位置が違うため違和感だらけ。

これはどうかと思い、翌日左もクリート位置を下げてローラーまわしてみた。
データは取らなかったけど、左も大腿四頭筋しか使わないし膝上ばかり疲れる・・・
それでもまわしてたらなんか見つかるかと思って、40分。

翌日はサドル高を5㎜さげ、少し前に出して回してみた。
やっぱりダメ・・・

元に戻して、クリート位置も元に戻してみたらやっぱ回しやすくなった。

ネットでいろいろ見てるとスペシャのクリート調整ガイドや、海外のプロは母指球から若干後ろの部分にシャフトが来るようなクリート調整で、普通にいうところの深めのクリート位置だとか書いてあったでの試してみた部分もあるけど、私には合わなかったようだ。
とりあえずほぼほぼ母指球のあたりに合わせたのでまわしやすいし、ふくらはぎがつってしまうような症状も収まった。

当然元に戻しただけなので左に比べたら右のデータは悪くなるだろうけど、これは右の足をなんとか鍛錬して回せるようにするしかないっぽい??
左が引きずられて悪いペダリングになるよりは、左はいいままで、右をなんとか修正できるように人間が脚の使い方を変更するしかないですなー・・・


先は長いな(´;ω;`)

Category - 日々の戯言

0 Comments

Post a comment