Welcome to my blog

わたゆきがなんとなく書くブログ

Article page

続々・ホイールの話「Roval CLXを考える」

Category - Specialized Roubaix
さて、スペシャライズドの自転車ですので、Rovalホイールも考えちゃうよね(´・ω・`)

30017-840_WHL_CLX-50-DISC_SATIN-CARBON-GLOSS-BLK_201702021619238d9.jpg 

トム・ボーネンやマルセル・キッテルがレースで勝ってて使ってるホイール(*'ω'*)
Boonen_20170202161926766.jpg img_3692_670.jpg

こちらのホイール、各ハイトでディスク用をラインナップしてます。
32mm、50mm、64mmとある。

各ハイトを組み合わせて合成してみたよ。
CLX32-50-64.jpg 

やはりこうしてみると無難なのは32mm前後装着。
CLX32-32.jpg 
まぁ、S-WORKS Roubaixが装着しているホイールですから間違いないですよね。
前後で1350gと軽量です。

CLX50-50.jpg 
次に見た目で言えば50mm前後。1415gとそれなりに軽量で、32の横幅28mmと比べて1.5mmほど幅広の29.5mmくらいの横幅とハイトで空力特性を上げています。
存在感もありますよね。

流石に64mmは太すぎるので除外するとして、32mmと50mmのどちらか、もしくは前回考察したENVEで考えたいな~と思いながら。



余談だけど、Roval CLXクリンチャーって、海外ではチューブレスレディで売ってるのに、日本ではクリンチャーと言い張るのは日本が今や世界最高のクレーマー社会だからだろうな。
ほんと些細なことでクレーム付ける人間多すぎるから新技術ができても海外の会社は投入したくないだろうね日本市場。

Category - Specialized Roubaix

0 Comments

Post a comment