Welcome to my blog

わたゆきがなんとなく書くブログ

Article page

郵政コピペ

Category - ネタ
郵政ネタがとある掲示板に書き込まれてたので↓にコピペ、本当ならすごいことですな。

ここからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビックリ仰天!

明治の発祥以来、角栄時代に大幅に増殖し、代々世襲される全国に約2万局の「小さな特定郵便局の大きな利権」

>全国の小さな郵便局を壊すような郵政改革は真の改革ではない。・・と郵政反対派はおっしゃいますが・・・

田舎の小さな特定郵便局長は・・

①一千万円近い公務員給与
②自宅兼用の古い局舎に年間平均450万円の家賃収入
③年間平均500万円の用途明細も領収書も要らない「渡し切り経費」支給。これだけで年間1000億円のバラマキ
④息子に代々「世襲」する度に厖大な退職金
⑤終生、人もうらやむ、掛け金不要の高額共済年金受け取り。
⑥夫人や家族にも局員給与
⑦獲得郵貯や簡保に、公務員にあるまじき厖大な歩合給付

まだまだ書ききれない二重取り、三重取りの大きな利権が続続あります・・

昔「私、脱いだら凄いんです!」と言うコマーシャルがあった。

特定郵便局や、一般郵政職員の隠れた給与、手当て、利権、公務員にあるまじき歩合給、等をすべて「脱がせて」見れば、国民はあまりに大きな利権の「凄さ」に、きっと目を回して卒倒してしまうに違いない。

これでは、民社党、自民抵抗派を総動員して郵政民営化法案を潰しにかかるわけです。

こう言うことを正確に報道するマスコミ、一社も無し!

ネットの情報提供力がなければ、行革は進まず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで

さてさて、事実なのか・・・・まぁ、事実っぽい印象を受けますが・・・。

Category - ネタ